搬出間伐で木材を使う!

2021/05/20

植栽から30年、40年が経過し、立派な木が多くなってくると、木材を利用しながら間伐をします。今回は林道沿いの現場で、グラップルという林業機械を使いながら木材を搬出していきました。同時に、台風で倒れた風倒木も片付け。木材を搬出すると森が明るくなるだけでなく、見た目も綺麗になりますね。

主伐までの間、10年に1度程度の搬出間伐を繰り返すことで、森林所有者は継続した収入を得ながら森を育てることができます。搬出した木材は、丹波山村で有効利用されるとのことです。

将来に向けた良い木を残しながら、作業も効率よく行うのが難しいところです。また、1本の木をどのように採寸するか、さらに奥が深い…。これから色々な現場経験を積んできたいですね。

カテゴリー