原木舞茸の伏せ込み

2021/08/02

7月も終わり梅雨が明け、丹波山村の特産品「原木舞茸」を伏せ込みました!明るい茶色っぽく見えるのが、舞茸菌を培養させた「ほだ木」です。土に埋めてキノコを育てるのは珍しいですね。

約1年間かけて全て手作業で育て、収穫できるのは約3週間だけというとても希少な存在です。キノコは特用林産物と呼ばれており、昔から林業家が熱心に取り組んできたのです。弊社も以前から興味を持っており、ついに今年から生産を開始することになりました!

9月中旬から10月中旬頃が収穫時期と言われていますが、今年は立派な舞茸が収穫できるでしょうか。楽しみに待ちたいと思います。

カテゴリー